2018年2月12日 (月)

防災研修と蔵の街散策

 2月10日、中央自治連合会主催の防災研修ととちぎ蔵の街散策に参加させていただきました。栃木防災会館は、風速30メートルの大風体験、震度2~7までの地震体験、煙迷路体験、大雨体験の4つが体験できる施設です。体験の前に火災を起こさない注意点と発火した場合の消火活動と非難についての映像と説明を受けました。認識を改めて確認しました。

210

    栃木防災会館

Photo

       大雨体験 私はパス

昼食後は、蔵の街として知られる栃木駅前の散策。ボランティア2人の説明を受けました。江戸時代から市の中心部を流れる巴波川(うずまがわ)を利用した交易によって栄えてきた街です。市内には、歴史的な建造物が数多く残されています。街の魅力は、歴史と文化が調和する、見世蔵と土蔵が日常生活の中に息づいており、温かさがとても感じられました。

Photo_2

    巴波川の両岸には見世蔵、土蔵があり、左側には木材回漕問屋塚田屋の

   黒塀と白壁土蔵

Photo_3

      巴波川の脇には 鯰のモニュメント

Photo_4

平成7年(1995年)2月に開館したとうとちぎ山車会館は、改修のため臨時休館でした。皆で残念がっていたところ、館長さんの心遣いで開けていただき、しかも無料で。山車の保存も兼ねて祭りの興奮をいつでも楽しめるようにと、3台の山車を常時展示しているとのこと。2階から山車をみて、資料の展示に目をむけました。

Photo_5

     写真は日本武尊  他に神武天皇 張飛翼徳が

2018年1月10日 (水)

新春の出初式、成人式

2日は孫たちを連れて千葉に出かけました。

吉川市の成人式が1月7日、好天にも恵まれ中央公民館で午後2時から開かれました。男性375人、女性403人の計778人が成人を迎えました。

Img_4251_2

  久しぶりの再会で賑やかな会場前の光景

 今年も東中、中央中、南中学校の卒業生による実行委員24名で企画・運営された式典とアトラクションが行われました。

 日本共産党市議団は、「新成人のみなさん、成人おめでとうとうございます。みなさんが安心して働きたい、学びたいとの思いを実現するため声をあげてゆきましょう。安倍政権の改憲を許さず、憲法9条を守るために力を合わせましょう」と市内を宣伝カーでまわり、その後式典に参加しました。9条の会@よしかわのみなさんが会場近くで「安倍9条改憲反対3000万署名」活動を行っていました。

Img_4243

 新春恒例の吉川市消防出初式が1月7日、消防団員91名、消防署職員19名出席のもと吉川松伏消防組合本部で行われました。

 2012年に結成された少年消防クラブ(小学5・6年生32名、中学生16名で組織)による放水ホースなどを使った障害物競走訓練、ロープ渡も行われました。中学生の少年消防クラブ6名は、8月2~4日徳島で行われた少年消防クラブ合同訓練で2種目の競技総合で全国4位の成績でした。

Img_4236

はしご車での消防職員による消火活動の実践訓練が行われた後、消防団による一斉放水で閉式となりました。

181

今日は、12時から浦和駅前で原発再稼働反対の集会があり参加します。埼玉県議会が昨年12月議会で原発再稼働推進の意見書が可決されたのを受け、抗議する集会です。

2017年12月 1日 (金)

教師も臨時任用が1割超える

 小中学校の教職員はすべて正規職員ではありません。臨時的教職員が1割を超えています。さらに特別支援学級の教職員は半数が臨時という実態です。

1128日、近隣5市1町の日本共産党議員団が共同で埼玉県教育委員会に対して「本採用教員の増員と少人数学級の早期実現を求める要望書」提出しました。吉川市から遠藤義法市議が出席、越谷選出の金子まさえ県議が同席しました。

Img_6166

県小中学校人事課長と採用課職員が要望書に対する回答を行いました。人事課長は、「教職員数は学級数に応じて決まるが、東京に近い南部地域は特に生徒数の増減が多く、すべて正規教員を配置することは難しい。現在2,776人 11.3%が臨時的任用教員となっているが、少しでも減らしていきたいと考えている」と述べました。少子化で将来学級数が減少、教員が余る可能性があると考えから、いつでも退職させられる臨時教員を重宝しているといえます。

しかし、埼玉県はこの何年にも亘って十数パーセントもの臨時教職員を採用していることから、県の説明が言い訳にしか聞こえません。東京都は1.9%で、近隣の県でも千葉県が4.8%など4~7%です。

 臨時教職員は、正規教職員の産休・育休など一時的な代替が主な目的とされてきましたが、現状では正規教職員の欠員が補充されないまま安上がりの臨時教職員で補っているのが実態です。多くの臨時教職員は雇用期間が1年に満たず低賃金。非常勤教員は年収が100万~200万円にしかなりません。

 本来臨時的教職員は限定的なものであり、児童生徒への継続的な指導が制約されたり、教職員間、あるいは地域や保護者との連携が困難になることなどの課題も多くあります。

 今後、生徒数が減少したとしても小学1・2年生ではじめた少人数学級を拡充していくことなどで解決できると参加議員から相次いで意見が出されました。

 貧困の広がりや虐待など、困難を抱える子供たちもふえています。教育の質の点から、子供たちと向き合い、学校外の生活も含めて支えることが今必要になっている中で、教員がこれだけ多数、不安定な身分でいいのか、一年、数カ月単位でかわる臨時的任用でいいのかと痛感しました。

Img_4002

        先月千葉の実家に柿もぎに行き、我が家のベランダにも秋が

Img_4221

   3週間経つとこんな美味そうな干し柿に。雨の日はビニールで覆い、カビに

   注意、大変な思いでの干し柿。格別です。私はちょっと手伝っただけですが。

2017年11月22日 (水)

国会議員だけでなく国民が生活できる年金を

 

「国民年金で夫婦2人ギリギリ生活している。しかも少ない年金が毎年減らされ、介護保険料が否応なしに差っ引かれて支給。これからどうすればいいのか不安」との声。日本共産党市議団が取りくんでいる「市民アンケート」にも怒りの声がビッシリ。

 「若くして出てきている国会議員たちが退職したら全員生活保護だ。こんな国は世界中にない。そこはしっかり認識していただきたい」と自民党の14日の総務会後の記者会見で竹下亘総務会長が述べて議員年金の復活を検討しているという。国会議員ありきか、冗談じゃない!と言いたい。それでは国民年金だけで生活している多くの国民の生活はどうでもいいのか!

 日本共産党などが最低保障年金の創設で、生活できる国民年金をと要求しても素知らぬ顔をしておきながら。国会議員・自分たちだけの生活を考えているならすぐに議員辞職すべきではないか。国民年金だけでギリギリの生活をしている国民のためにどうするのか、年金自体を深く検討するのが議員の役割ではないのか、を問いたい。

Img_4095_2

         茨城県のフラワーパークのバラが見事(あいにくの悪天候でした)

Img_4092_2 

         バラにはトンボが

 「若者も高齢者も手をつなぎ、国民的な年金裁判に!」 1125日、午後1時30分から市民交流センターおあしす  ミーティング4を会場に「年金裁判を支える会結成 学習会」が年金者組合吉川支部主催で行われます。

 「年金減額を なぜ裁判に訴えたか」「何を主張しているのか」私たち国民全員に関わる年金問題。私も学習会に参加して学んで、支援してゆきたい。みなさんもいかがですか。

財政危機のギリシアも社会権規制委員会に申し立てて年金減額を阻止しました。

Img_3929

     我が家のベランダで羽化しました

2017年11月19日 (日)

今年はサケの卵をお分けできません

 今年も12月が間近。サケの稚魚を育てて放流する運動も30数年経ちます。今年もと思い、これまでサケの眼付卵を分けていただいた2ヵ所に電話連絡をしたところ 福島県楢葉町の木戸川漁協からは、「震災後サケの稚魚を放流してなかったので、遡上が数少ないため分けることができない」との返事。茨城県久慈川漁協も「天候不順と台風の影響か遡上するサケの数が少なく、採卵ができない状況で申し訳ありませんが、今年は卵をお分けできません」との返事でした。
 楽しみにしていただいたみなさんには申し訳ありませんが、以上のことから今年のサケの卵の頒布は中止させていただきます
Img_3189_3
 マスコミで、サケやマスの人工ふ化施設などでサケの腹がさかれ、卵が抜き取られる事件が相次いでいると報道され、怒りがこみ上げてきます。今年はサケが不魚で、イクラの値段が上がっているという。人工的にふ化させて放流しているからこそ、毎年サケが遡上してきます。それを卵だけ抜きとって、サケは放置するとは・・・・。
 新潟県村上市ではその昔、三面川に遡上してくるサケをとり過ぎて、数が激減することに思慮した青砥氏が、稚魚は同じ川に戻ってくると考え、支流の種川を31年かけてつくり、遡上してくるサケの捕獲を禁止したという。種川で産卵、ふ化した稚魚が戻ってきていまでも街の経済を支えるサケを大事にしているという。
 19日は、吉川市の第22回市民まつり。9時からは交通安全パレードが行われました。
Img_4174
  三輪野江小学校の鼓笛隊が先頭です。議会からも参加
Img_4179
 どうなる国保税 県議団主催の学習会に参加

 一昨日は、来年4月からはじまる国民健康保険の広域化。国保税がさらに引き上がるのではないかと心配されているなか、日本共産党埼玉県議団主催の第3回目の学習会が開かれ、市議団も参加しました。11月末には4回目のシュミレーションが行われ、市町村の納付金と標準国保税がほぼ決定することになります。条例は来年3月議会に提出される日程です。議員団はもっと詳細な検討をしながら、12月議会でも質問していく予定です。
 学習会には、先の総選挙で惜敗した梅村さえこさんも来て、あいさつしました。
捲土重来を期して
Kimg0102
      左から 雪田きよみ議員、梅村さえこ前議員、平野松伏町議、遠藤

2016年12月11日 (日)

サケの卵を頒布しました

 風が強く、パンフなどが飛ばされ大変なサケの卵の頒布日でした。

 20数年つづけてきましたが、はっきりした年数は確認できません。
吉川団地とおあしすでおこない、十数名の方がおいでいただきました。
1612
               眼付卵は茨城・久慈川漁協から分けていただきました
 4000個が木曜日には届き、一安心。事務所の水槽を準備すること3時間。説明書や餌の小分け、準備万端で臨んだ当日です。
 吉川団地では、出だしよかったので、昨年を上回るかとと思いきやおあしすでは、ぱらぱらでした。それでも顔なじみの方々、毎年楽しみにしているの!の声に、よかったとの想い。パンを焼いたのでという差し入れも。
1612_2
      早速いただいたら、とてもおいしかった。パンそのものの味が生きていました
 慌ただしくしていたので、写真を撮れませんでしたので、同じような昨年の写真を
15
       ほぼ毎年同じかな
 今年初めてという人も何人かおりました。元気に育てて、いっしょに放流に行きたいね、という声が寄せられ、うれしい限りです。
 事務所に戻って後片付けをしていると、毎年頑張って咲いてくれるスイセンが今年も、鮮やかな花を咲き誇っている。
Img_3185
 すいせんがみつかりません。
卵の頒布以後、慌ただしく過ごした1日でした。
 明日は、委員会が審査魅了となった文教福祉委員会の議案審査日です。慌ただしい議会日程ですが、しっかり準備して望みます。請願の審査報告と討論、採決が行われます。

2016年11月29日 (火)

市長に予算要望書を提出

 11月28日(月曜日)吉川市長に2017年度予算編成に当たっての要望書を提出しました。

 この間取り組み、市民のみなさんのご協力をいただいた「市民アンケート」を集計し、意見・要望をまとめました。これらの意見も要望書に含めさせていただきました。
2017yosanyoubou
        椎葉副市長(左)に要望書を提出する佐藤、遠藤、雪田、小林の各議員
 要望書提出にあたって、市民アンケートが27日現在366通寄せられていること。そして回答では、くらし向きが「以前から苦しい」が12.8%、「苦しくなった」が38.3%と、あわせると51.1%の市民が生活の苦しさを訴えていることを紹介。市の施策として十分反映していただきたいと述べると同時に、国や県に対しても生活実態を訴え、施策の転換を求めるよう訴えました。
 アンケートに寄せられた意見や要望だけをまとめて、提出しました。膨大な量となりました。 要望書の項目については日本共産党吉川市議団のホームページを開いてみてください。
 
 明日30日が議会開会日です。今日は、12月議会の一般質問の提出締切り日です。午後4時まで。ほぼ出来上がり見直しながら、ちょっと気持ちに余裕ができブログ更新しております。明日12月1日は議案質疑の通告締切り日なのでのんびりもしていられませんが。
14121
                 サケの稚魚がふ化した瞬間、昨年12月
  先日のサケの稚魚を育てて放流しませんか!をアップしたときこの写真が見当たらず断念しましたが、ピクチャーに保存されていました。
 

2016年11月27日 (日)

サケの稚魚を育てて放流しませんか

 この間、テレビで利根川に遡上するサケを密漁する様子が報道されています。本当に残念であり、怒りを覚えます。

 30年数年間にわたり眼付卵を福島県楢葉町の木戸川漁業協同組合から分けていただき、震災後は茨城県の久慈川漁協に頼み込んで、卵を購入して子どもたちに頒布してきた。
15
         サケの卵を頒布する (2015年12月おあしすにて)
 今年も12月11日(日曜日)に予定しています。  
   午前10時00分から10時半が吉川団地集会所前で、
      11時半から12時まで市民交流センター おあしす玄関前で。
 当日は、バケツなど割れない入れ物を持ってきてください。
38sake 
                 大きく育ち放流前の稚魚
 

2016年11月25日 (金)

雪の日は1日中会議 予算要望準備

 24日は11月としては54年ぶりの雪となりました。朝の新聞配達時点は雨でしたが、だんだんと気温が下がり雨からみぞれ、雪となりました。それも天気予報とは違い正午を過ぎてもボタ雪に。12月議会を前に来年度の予算要望書を提出すべく、みなさんから寄せていただいた「市民アンケート」を集計、意見・要望をまとめています。

Yukibara1611
           事務所に咲くバラにも重くのしかかる雪
 アンケートに寄せらてた声には、年金が下がったうえに介護保険料が重くのしかかり天引きされて、生活できないとの切実な思いがビッシリと書かれています。若いみなさんからも収入が増えないのに物価は上がる、教育費の負担が重いとの悲鳴の声。
Tyousennasagao
      これも事務所に咲くというか実をつけた朝鮮アサガオ(名前を聞いてしまった)
 これらの声とあわせて、これまでも要望されてきたものを含めて、市長に対して予算要望書を来週には提出します。遅くなりましたが…。明日26日も最終のまとめの会議をします。
 毎日、忙しく動き回っていて、11月号の「ばおばぶニュース」がなかなかすすみません。明日ぐらいには仕上げないと…。ここががんばりどきか。
Photo
         雪が降る前の紅葉から
 25日は、12月議会に向けての議会運営委員会が開かれ、日程が確認されました。しかし、9月議会の一般質問で発言取り消し、懲罰動議後「陳謝」したはずの市民の会・無所属の稲垣茂行氏と伊藤議員が出した議会報告は、自らの責任を棚に上げて虚偽報道、これらに関わって、文教福祉常任委員長の職にある稲垣氏の不信任が避けられない事態に。議会運営、日程も流動化しそうです。
 市民生活に関わる予算や条例を最優先に、充分な審議が求められています。そのために議会の正常化を図ることが最優先ですが、ケジメは当人と所属する会派の責任で行うのが筋だと考えます。それができないようでは会派とは言えないのは明らかです。まぁ!数合わせの寄合では、それも期待できない様相ですが。
 

2016年11月23日 (水)

気軽に外出できる交通網を整備して 請願書提出

昨日22日、みんなが豊かに暮らすために気軽に利用できる地域公共交通の実施を求めて12月議会に請願書を提出しました。医療生協吉川支部や年金者組合吉川支部の代表者が請願者となり、新日本婦人の会や埼玉土建吉川松伏支部、個人のみなさんが短期間のうちに集めた3,573筆です。

 請願書では、住民のニーズにあった施策とするためにタクシーやバス事業者、住民、行政の関係者が集まって検討する「地域公共交通会議」をつくること。そして検討結果から1日も早く事業を実施してほしいという内容です。

Img_0240           請願書提出を前に

 請願は、議会初日の1130日に提案、12月7日(水曜日)午前9時30分から総務水道常任委員会で審議、討論、採決されます。その結果が9日(金曜日)の本会議に報告され、採決されます。

 高齢化がすすむなか、一人で買い物や診療することが困難な人が増えています。日本共産党吉川市議団が取りくんでいる「市民アンケート」にも多くの要望が寄せられています。私自身も議会で何度も取りあげてきました。早急な事業を実施し、市民の願い実現を果たしたいものです。

Img_7489     日本共産党市議団は、埼玉県加須市を視察をしました

Photo          吉川団地中央広場のいちょうの樹 

«市民まつり 多くの市民参加で賑やかに